World Cup site

公式競技ゲーム 501

  • HOME »
  • 公式競技ゲーム 501
ゼロ・ワンゲームと呼ばれるダーツのスタンダードゲームです。
WDFワールドカップでは全ての競技は「501」で実施されます。
ダーツは3本のダーツを一人が投げます。
3本のダーツをなげることを「1スロー」といいます。
3本のダーツの得点合計を、501点から引いていきます。
得点区分は20のセグメントに分かれています。
1から20までありますが、順番通りには並んでいません。
外周は2倍の得点になるダブルリング、中央のリングは3倍の得点になるトリプルリングです。
真ん中の2重円はブルと呼ばれ外側はシングルブル25点、内側がダブルブル50点です。
その他のエリアは得点区分の数字がそのままでシングルゾーンとなります。

最初は大きな得点を狙い持ち点を早く少なくしていきます。
20のトリプルリングである60点を狙うことが普通で、3本入れば180点、2本+シングル20であれば140点、1本+シングル20が2本であれば100点となります。
100点以上のスコアは丸で囲まれたスコアになります。
選手により19を目標にすることもあります。
減らすだけでは勝てません。
ある程度の残点になってくると今度は上がりやすい点数を残すようにアレンジする必要があります。
240点、200点などは3本でフィニッシュすることはできませんが、次の次を考えると有利な残点になります。
170点から小さい残点になると3本でフィニッシュできることになります。
170点の場合T20T20最後DB。(20トリプル、20トリプル、ダブルブル50点)です。
最後のフィニッシュはダブルでなければあげれません。
外周のダブルリングまたは、ブルのダブルであるダブルブル50点がフィニッシュできる区分となります。
169点、168点は3本では上がれません。
167点であればT20、T19、DBでフィニッシュできます。
164点ではT20,D18、DBになります。
T20,T18はどちらが先でもかまいません。
100点以上の残点から3本のダーツでフィニッシュすることをハイアウト(ハイオフ)と呼びます。
ダブルでフィニッシュとなりますので、残点は偶数でなければなりません。
奇数の場合は奇数に入れて偶数を残す必要があります。
良く残される数字は40点、32点です。
フィニッシュで内側にはずれてもチャンスが続く残点です。
逆に38点、34点などの奇数数字の倍偶数の残点は内側にはずすと奇数となり、もう一度奇数を入れてアレンジすることになります。
終盤では選手たちは多くの場合40点、32点を残すようにアレンジしていきます。
WDFのルールでは、スコアシートの左側の選手またはチームが先攻となります。
決勝まではベストオブセブン(7レグ制)先に4レグを先取した方が勝ちになり、その時点で試合は終わります。3対3になった場合は、ミドルフォーブル(コーク)1本ずつ投げ、中心に近い方が先攻になります。
ミドルフォーブルのスローは左側が先に投げます。
シングルブル同志、ダブルブル同志の場合は距離に関係なくアゲイン、再スローします。順番は入れ替わります。決定するまで続けます。刺さらなかった場合は刺さるまで投げます。
ダーツは先攻が絶対有利なため、このタイブレークのミドルフォーブル(コーク)は重要です。

ダブルスの場合は先に投げる先取がこのミドルフォーブルをおこないます。
チーム戦(4人)はシングルス、ダブルスと違い4人ずつの総当たりで1レグずつ16レグで対戦します。
一人が個々に相手側の4人と1レグずつ対戦することになります。先に9レグを先取した国が勝利でその時点で試合は終了します。8対8になる場合があります。
そのケースでは各国の監督が一人を指名し対戦します。この先攻後攻はミドルフォーブルで決めます。
対戦の順番、先攻後攻はシステム化されており、コントロールより対戦表が提示されます。
男子は代表選手4人で以下のゲームを行います
  • チーム戦4人(各国1チーム)
  • ダブルスA・B(各国2チーム)
  • シングルスA・B・C・D(各国4人)
女子も同じく代表選手4人で以下のゲームを行います
  • チーム戦4人(各国1チーム)
  • ダブルスA・B(各国2チーム)
  • シングルスA・B・C・D(各国4人)
男子だけ参加、女子だけ参加、男女とも参加の国があります。
どちらもチーム戦はラウンドロビン方式(リーグ形式)いくつかのブロックにわかれ、ブロック内で総当たり、上位チームが決勝トーナメントに進みます。
ダブルス、シングルスは1回戦からトーナメント(ノックアウト方式)負ければ終了です。
初戦から同じ国同士の対戦がないようにダブル2ブロック、シングルス4ブロックにシードされます。
ユース(U-18)は18歳未満の男女各2名で構成され、以下のゲームを行います
  • ミックスダブルスA・B
  • ボーイズダブルス
  • ガールズダブルス
  • ボーイズシングルスA・B
  • ガールズシングルスA・B
ユースはシングルス、ダブルス、ミックスダブルスとも男女のチーム戦と同じくラウンドロビン(リーグ形式)+決勝トーナメント方式となります。
PAGETOP
Copyright © WDF World Cup 2017 KOBE All Rights Reserved.