World Cup site

ダーツの歴史

  • HOME »
  • ダーツの歴史

ダーツの歴史と発展

1.ダーツの語源

DART(名詞から動詞としても用いられるようになった):古フランス語から中世フランス語のdart(中世フランス語から現代語のtart(投げ槍、投げ矢)と、同様にdartは、フランク語(古代フランク族の言語)のdarothに起源を求めることができる。(エリック・パートリッジの語源学による)
参照:古英語のdaroth、darath(dagger-短劔)
古スカンジナビア語のdarrather(dart-軽く短い投げ槍、投げ矢)。

2.ダーツの歴史と発展

ダーツはいまやイギリスでもっとも人気のあるスポーツではないだろうか。その歴史をたどるとき、驚く程わからないことが多い。
現在のダーツは、19世紀の終わりから20世紀初めに確立されたものである。
どうしてこのように英国で短期間に発展したのか、それはテレビにとり上げられ放映され、多くの視聴者と素質のある参加者が得られたことによると思われる。他の理由もいろいろと考えられるが・・・・・・。
かつてダーツはパブやクラブで行われ、プレイヤーは、ダーツの世界以外ではあまり知られなかった。テレビはすべてを変え興味のベースを作り、スポンサーを引き付けた。レジャーとみられていた娯楽からプロ選手が生まれ、一流選手は、その大きな金銭的報酬を得られることになった。
以下年代別に現代のダーツへの歴史を簡単にたどってみよう。

poster1-png

何10万年もの昔から人は、狩猟や戦いのためのStick(棒切れ)やstone(石)を用い、有効な武器としてmace(かぎくぎののついたほこのある混棒)、pilum(古代ローマ兵の投げ槍)やspear(するどい穂先のある投げ槍)を作り出した。
ここに槍や円盤を投げるオリンピック競技から、バットとボールのゲームに至るファミリーなものまで近代スポーツの原型をみることができる。
初期の武器につづいて弓や矢が考案され、武器は進歩を遂げた。Spearの飛行中の安全性はその長さにあったが、矢は遠くにあるターゲットまで飛行を続けるためには、フライトの力を利用した。石、青銅や鉄は古くからいろんな人々によって、様々な弓から放つ矢の先にとりつけるために使用された。
東ヨーロッパやアジアでは弓は騎馬隊の武器であったが、6世紀にビサンティン帝国(1395-1453)の将軍ベリサリアスがfighting dart(下図)を考案した。このダートは、18インチ(46cm)の長さで矢に似ているがヘッドのやや後ろを重くしてあり、突きささりやすきしてある。これを各弓手は、盾の内側に3本とりつけ接近戦にそなえていた。

中世のイングランドの弓手が最高の技を持っていたと言われるが、彼らは武器をつくることからレジャー用の小さい槍やファイティングダートのようなものまで作っていたかも知れない。これらを彼らは戦いの合い間に励んだり、レクリエーションとして楽しんだことだろう。13世紀までにはlongbow(長弓)が英国の武器をして定着した。有名なヘイスティングスの戦い(1066)やアジンコートの戦い(1415)で長弓隊が活躍した。(百年戦争1337~1453)

オックスフォードの辞典(OED)によれば「dart」という言葉は、1314年に最初の用例として記録がみられるが、ちなみに我々が知っているダーツゲームへの言及が初めてなされたのは、1901年である。14世紀以降ダーツやダーツを投げることがブルーン(1330)、チョーサー(1374)、シェイクスピア(1612)らの文学作品の中に現れるようになった。16世紀には、的はわらをかたく締めた円形のものに大体統一されその中心にブルがあり直径は18インチ(46cm)位であった。これが現在のダートボードの起源と考えられる。
その後17世紀中頃で、長弓の武器として役割は終わり、的に矢をあてる弓技(ターゲット・アーチェリー)は、レクリエーションとして残り、18世紀には有閑階級の娯楽をして盛んになった。
従って的の標準化が求められ、直径4フィート(122cm)の円形に4種のリング、即ち白(1点)、黒(3点)、青もしくは内側の白(5点)そして赤(7点)、真ん中は金色(9点)でブルズアイと名付けられ、この得点方式がダートボードの基礎となった。
1532年、新年恒例のプレゼント交換会でアン・ブレィン(英国史におる悲運な王妃)は、ヘンリー8世にビスケイヤン風の豪華な装飾のあるダーツを送ったと記録があるが、それは多分バスク地方で使われた狩猟用の武器(ハンドダーツ)である。
1620年、英国のビルグリム・ファザー(清教徒団)たちが、新世界を目指すメイ・フラワー号の船室でダーツを投げたということがよく話題になっているが正式な記録がないから何とも言えない。

彼らの生き方、考え方からは疑問が残るし、すごく揺れる小さな船の中で投げられただろうか。ただアメリカのダーツの専門家のE.Hadyは、ワインの樽のような標的に短い矢を投げたと言っている。
その後、19世紀後半に単なる同心円の標的から木の切り株の年齢と亀裂がアイデアとなり、これをデザイン化した同心円と分割線によって組み合わされたボードの面の模様が考案され、色々なタイプのボードが英国各地で、作られた。
1896年、ランカシャアー州のBuryの大工であったBriangamlinは、現在我々が使用しているボードの周りの数の配置を考案した。
1898年、あるアメリカ人が折りたためるペーパーフライトを考案し、1906年には、ヨークシャー州のある男がダーツのステムに金属のバレルを作った。
近代のダーツのツールは19世紀であり、17世紀・18世紀という時期の歴史は判然とせず、それほど発達しなかったのではないかと思われる。産業革命(1764-70)による工業の発展により、多くのスポーツは19世紀の英国の勢いを得て、公式ルールや役員組織が確立 され1800年代の終わりにダーツは進歩を遂げた。
さらに英国的なものとアメリカ的なもの即ち、金属バレルとペーパーフライトこの2つのアイデアを採用することにより、近代ダーツの基礎ができた。
1908年の歴史的な「フット・アナキン」の判決までは、ダーツゲームの合法性に疑問が持たれていた。当時の法律では運が左右するゲームは、パブでは違法であった。ヨークシャー州のパブのオーナーであるフット・アナキンはこのゲームを行ったかどでリーズの治安判事に出頭を命じられた。

彼は、ヨークシャーダートボード(トリプルとアウターブルなし)を法廷に持ち込む許可を得、治安判事の見守る中、見事なフォームで3本のダーツをダブルトップに入れた。そしてまたアンコールに答えてそれを繰り返した。この時あ然とした沈黙を破って歴史的な判決が下った。
「これはチャンスに左右されるゲームではない!と」この場面は今日の多くのダーツプレイヤーが黄金時代とみなす時代への出発点となった。
英国のビール醸造所のハンドブックにあるE.Norman氏の説明によると、1908年頃、Dorset、Devon、CornwallにあるS.Hockey&Sons醸造所では、3フィート(0.91m)長さの木枠でビールを配達していた。
ポーツマスではいくつかのパブでスローイングラインを示すのにこの木枠3つの端をつないでおくアイデアを思いついた。(9フィートのスローイングライン)以降、この木枠をHockey(ホッケィ)と呼びこれが”Toe the hockey” 即ちつま先をホッケィにおくとい言葉の初まりだということである。その後、1911年にPethe Brewersは木枠の長さ2フィート(0.61m)である。ダーツワールドの編集長のTony wood氏の説明によれば、”Oche”とい言葉は、アングロ・サクソンの古語からきたもので”Line on the ground”の意味だということで(地面上のライン)と信じられており、”Oh-kee”(オーキィ)と発音される。しかし、またダーツ専門家のDerek Brown氏によれば、”Oche”は”Okky”(オキ)と発音するとのことである。
第一次大戦後多くのクラブやチームができて1924年、Licensed Victallers Association がNational Darts Associationを設立した。

News of the World(日曜新聞)によるスポンサーでオールロンドントーナメントが行われ、1927/28シーズン(ダーツはもともと冬のスポーツであった)1,010人の競技者の中からNew south-west Ham のSammy stone が優勝した。その後、この大会は第二次大戦(1939-1945)で中断したが1948年以降、現在も世界のビックトーナメントとして開催されている。
1936年には、初めてダーツの本が出版された(ポッケットサイズの小さな本で、R.Croft-Cooke,DARTS,1936)。
1939 New of the world のファイナルが初めてBBCより放送され、同年アメリカで「フランケンシュタインの息子」という映画の中にダーツのシーンが登場した。
1953年National Darts Association of Great Britain(NDAGB)がPeople newspaperの後援で設立された。(Old NDA は戦後まで改革されなかったがダーツをスポーツとするために総合的な団体にする必要があった。)NDAGBは9つのナショナルチャンピオンシップを主催している。
1973年、Olly Croft によってBritish Darts Organisation(B.D.O.)が設立された。彼は他のB.D.O.の助力者とともにダーツのイメージを、パブなどで投げる娯楽からテレビのスクリーンに方向づけ、ダーツブームをおこした。そしてトッププレイヤーたちにスポーツマンとしてまたエンターティナーとしての価値を認識させた。
B.D.O.は、イングランド、ウェールズ、スコットランドのセクレタリーによって組織され、50をこえるNational LeagueやBritish Open,World Masters など大きなトーナメントを運営し、スポンサーやテレビ、新聞などの注目を浴びた。

poster2-png

そして1970年代後半においてダーツは国際スポーツとなりジョン・ロゥ、エリック・ブリストゥ、ライトン・リースやジャッキー・ウイルソンらのスターを誕生させた。
1974年(S49)第一回ワールドマスターズが英国ロンドンで開催。
1975年(S50)日本ダーツ協会Japan Darts Association(J.D.A.)が理事長江崎元子、常任理事B.R.B.Brick、江崎享億氏らにより設立された。(第一回日本ダーツ選手権大会が開催された。)
1975年(S50)英国で初めてのプロのプレイヤーであるアラン・エヴァンス、アラングラジェーが誕生し新しい時代が始まった。
1976年(S51)アメリカにおいて全国で220をこえるダーツ協会が合併してAmerica Darts Organization(A.D.O.)が設立された。
1976年(S51)B.D.O.が中心となり、世界ダーツ連盟、World Darts Federation(WDF)がロンドンで設立された。1977年、日本に世界で主として用いていたスローイングディスタンスの7フィート6インチと8フィートについての折衷案が出され、7フィート9インチ(2.37m)が決定された。以上が最近までのダーツの発展過程のあらすじである。
本場英国では平均3週間に1回は高い賞金のかかった試合があり、トッププレイヤーたちは、互いに腕を磨き合っている。世界最高のタイトルであるワールド・プロフェショナル選手権は、世界のベストプレイヤー32人が参加して行われ、その8日間の試合は毎日3時間もテレビで中継されている。英国でダーツが見るゲームとしてまたスポンサーの対象として人気が高いのは、テレビのおかげでありハイテクノロジーによるタングステンアロイのダートが的への命中率をよくし、試合をより面白く見せているからである。

「英国のダーツシーズン」は9月に始まり6月に終わるがこの間多いときには900万人の人々が試合をテレビで観戦している。
――――以下、わが国と関連のあることがらをあげると――――

1977年(S52) 第1回ワールドカップ -イングランド開催-
‘77(4回)ワールドマスターズ -イングランド開催-
(日本代表4名派遣)
1978年(S53) 第1回ワールドプロフェッショナル -イングランド開催-
1979年(S54) 第1回ワールドカップ -アメリカ開催-
1980年(S55) 第1回パシィフィックカップ -オーストラリア開催-
1981年(S56) 第3回ワールドカップ -ニュージーランド開催-
Nicky Virachkul氏 来日
1982年(S57) 第1回アジアカップ -香港開催-
(日本代表4名派遣、同オープンで江坂昭雄選手準優勝)第2回パシィフィックカップ -カナダ開催-
Nicky Virachkul氏 再来日
1983年(S58) 第4回ワールドカップ -スコットランド開催-
John Lowe 氏(イングランド)来日
1984年(S59) 日本ダーツ協会 設立10周年
世界ダーツ連盟副会長にB.R.ブリックス氏就任
第二回アジアカップ -日本主催-
(日本・シンガポール同位優勝、女子シングルス 小野聡子選手優勝)
(女子ダブルス 佐々雪絵・小野聡子選手優勝)
(アジアオープン 渡部弘選手準優勝)
第3回パシィフィックカップ -アメリカ開催-
「ワールド・マッチプレイ」でJohn Lowe氏、「501」パーフェクト
(9ダーツ)を達成し、102,000ポンド(3500万円)の賞金を獲得した。(1984.10.13)
Barry Twomlow氏(イングランド)来日
1985年(S60) 第5回ワールドカップ -オーストラリア開催-
‘85パシフィックマスターズ -オーストラリア開催-

 

poster3-png

3.JSFDのあゆみ

1990年 日本ダーツ協会(JPA)の実質的活動停止に伴い、各地域のダーツ団体の支援のもと、有志、支援者によりWDFワールドカップ、WDFアジア・パシフィックカップへの選手派遣及びその選考トーナメントの開催を主目的としてJSFDが発足。
WDFワールドダーツフェデレーションに日本の代表組織として認可を受ける。
JSFD主催のトーナメントの開催、賛助団体主催、JSFD後援のサンクショントーナメント等を通して、選手の育成、ダーツの普及、代表派遣の活動を始めました。
旧日本ダーツ協会の地域団体も賛助加盟しています。2016年には43回目を迎える日本で最も歴史ある、全日本選手権(ALL JAPAN TOURNAMENT)、WDF公認のジャパンオープンもJSFDが引き継ぎ現在に至っています。
1990年のパシフィックカップ・シンガポール大会、1991年のワールドカップ・オランダ大会から日本代表選手派遣を行っています。2010年にはアジア・パシフィックカップの日本初開催を東京で成功しました。
現在は、

  1. 選手育成・強化を目的に、主催トーナメントとして全日本選手権(ALL JAPAN)、ジャパンオープン、ジャパンマスターズ、共催トーナメントとしてノースジャパンカップ、エリメモリアル、ウエストジャパンカップを開催。
    北海道から九州まで20の団体が主催するサンクショントーナメント(日本代表選考・JSFD認可後援)を実施しています。
    国際トーナメントとして、BDO レイクサイド ワールドプロフェッショナルチャンピョンシップ アジアファイナル、BDOワールドトロフィー アジアファイナルを主催、ワールドマスターズへの選手派遣を行っています。
    ユース(U-18)トーナメントもジャパンオープンやサンクショントーナメント時に同時開催し、中学生高校生のユース世代の選手育成に努めています。
  2. ジュニア育成として、小学生対象のダーツ教室を開催。小学校の放課後活動や行政と連携した「親子ダーツ教室」、
    「ジュニアとシニアのダーツ教室」などを地域の賛助団体と連携して実施しています。
  3. 生涯スポーツとしてのダーツ普及。ダーツは年齢、性別を問わず、身体能力、瞬発力、筋力よりも集中力、作戦能力、メンタルの力が重視されるスポーツです。そのため、高齢者になっても続けられるスポーツです。JSFDではシニアから始められる競技としてダーツの普及活動をしています。スタンダードダーツだけではなく、ソフトダーツやウエルネスダーツの利用も推奨しながら、関係機関、団体と連携し活動しています。
  4. 福祉関連の活動。ダーツは認知症予防、介護予防、健康増進、リハビリテーションに役立つと言われています。
    JSFDではNPO法人日本ウエルネスダーツ協会と連携し、ダーツを通じた活動をしています。特に、認知症の大きな特徴である短期記憶の衰えを防ぐ効果が認められています。現在は多くの自治体、行政関連機関をはじめ、デイサービス、高齢者ホームや老人クラブ、総合型地域スポーツ団体など幅広く取り入れて頂いています。
    また、日本障がい者ダーツ連盟や、NPO法人ユニバーサル・スポーツ振興協会等と連携し、身障者や車いすの方にもダーツの普及活動をしています。

様々な活動をもとに、JSFDでは2016年10月に大阪府茨木市にて第18回WDFアジア・パシフィックカップ(8ヶ国参加予定)を開催、2017年10月には日本初開催となる第21回WDFワールドカップ(32ヶ国参加予定)を神戸で開催いたします。

PAGETOP
Copyright © WDF World Cup 2017 KOBE All Rights Reserved.